天鼓/tenkuu ~ここち良い民族楽器サウンド~

トップページスポンサー広告>スポンサーサイト

トップページ動画・CD>天鼓CD MOON の解説

スポンサーサイト

ご感想↓

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページの先頭へ↑

スポンサー広告一覧へ←

スポンサー広告  | ご感想(-)

2017年03月27日 (月)

天鼓CD MOON の解説

ご感想↓

天鼓(てんくう)の曲作りは、二人で情景を浮かべ、そのイメージを共有しながら音をふくらませていきます。自然の気持ちよさ、美しさ、あたたかさ…そういったここち良さが伝われば嬉しいと思いながら作曲、演奏させて頂いております。

1 そよかぜ
 暁天:カリンバ、鳥笛、バードコール、ペンリン、ツリーチャイム、ティンシャー
 Percussion花:カリンバ、鳥笛
恋人と気持ちのいい自然の中を歩いている情景から出来た曲です。さて、あなたはどんな景色が浮かびますか。カリンバのやさしい響き。すべて楽器演奏による自然の情景表現などお楽しみください。

2 サラーブ
 暁天:二胡、サントゥール、ペンリン、ツリーチャイム、ティンシャー
 Percussion花:サントゥール、ウドゥ
うっすら霧のかかる森を歩いているとふと景色が開け、そこには大きな湖がひろがり、古代文明の城がその上に浮かび上がっている。そんな幻想的な夢の世界を二人で浮かべて出来た曲です。曲名は「蜃気楼」のアラビア語です。

3 コドコド
 暁天:口琴
 Percussion花:口琴、グングルー
インドネシア、バリ島では蛙の事を「コド」二匹以上は「コドコド」と言うそうです。口琴2本で、蛙がコミカルなダンスしている様子を表現しました。

4 アフリカンダンス
 Percussion花:ジャンベ、マリンバ、セミーア、クラベス
思わず腰が動き出す、アフリカンミュージックにはそんな魅力があります。Percussion花オリジナルのアフリカの世界をお楽しみください。

5 南風
 暁天:カリンバ、レインスティック、ツリーチャイム
やさしくそよぐ南の風、カリンバとレインスティックのここち良い響きで表現しています。

6 月の雫
 暁天:鉄板
 Percussion花:鉄板、釜
満月の夜、銀色に輝く月、降り注ぐ光。月の形をした銀色に輝く丸い円盤からその光景を表現しています。

7 聖地へ
 暁天:ネイティブアメリカンフルート、ドレンホース
 Percussion花:マリンバ、拍子木
おじいさんと孫娘が聖地への旅を続けています。旅の中いろいろな経験を重ねながら成長していきます…。

8 光華
 暁天:サントゥール、
 Percussion花:ベースサントゥール、ハンドクラップ
アジアのどこかの国、活気のある街、明るい人々、真っ白な歯の笑顔の子供たち、私たちが忘れかけているすばらしいエネルギーがそこにはあります。

9 ぐえん
 暁天:ディジュリドゥ
 Percussion花:ジャンベ
大きな火を焚き、まわりで夜通し踊り続ける。そこには大いなる宇宙のメッセージが舞い降りてくる。ディジュリドゥとジャンベの大地の響きを感じて…。

10 草原
 暁天:二胡
 Percussion花:マリンバ、セミーア、ベルライン
モンゴルの見渡す限りの平原。真っ青にどこまでも広がる空、ぽっかりと浮かぶ雲、美しい空気。のどかなメロディーにゆったりと浸って、しばらくの間旅をお楽しみください。

11 家路
 暁天:カリンバ、フロッグボイス、水音
 Percussion花:カリンバ、マリンバ、ベルライン、カリンバシェイカー
どこか懐かしい夏の日の夕暮れの音。古きよき日本の原風景。家のあかりが近づくとあぜ道を歩く足どりがウキウキとしていきます。(楽器演奏で全て表現しています)


CDのご注文はお問い合わせフォームよりお願いいたします。ありがとうございます。
2006年11月5日 満月(祝月 十五日) リリース
天鼓CD「MOON」 2,800円(税込・送料別)
関連記事

このページの先頭へ↑

動画・CD一覧へ←

動画・CD  | ご感想(10)

ご感想

素敵です!

CDリリースおめでとうございます&ありがとうございます!
どの曲も心地よく 素敵です♪
毎日 ギャラリーエフでのライヴを観ているような、臨場感あふれる仕上がりでっす!
(あら 生意気?)

ひとつひとつ感想をのべたいところですが・・
「アフリカンダンス」ききやすいです。踊っちゃいます。
「光華」も元気があって好き。
「月の雫」は神秘的・・というよりは官能的。
「そよかぜ」が・・・ いつも私に
明るくあたたかいお陽さまの光に包まれている
やさしい風景のイメージを運んでくれます。
いつも、思い浮かんでしまう情景があって・・
それは、とてもやさしい記憶なのですが
涙がこぼれてしまうのです。

12/3のライヴ 楽しみにしております!
ありがとうございます♪


マカヨ  2006年11月13日 17:49  [修正]

いい残したことが~・・

「ぐえん」のディジュリドゥ サイコーです!!

マカヨ  2006年11月13日 18:04  [修正]

必聴です!

CD発売、おめでとうございます☆

それぞれの曲に風景があって、それは日本だったり、どこか遠い異国であったり。
そして、それは都会ではなく、まだ自然との結びつきが濃い田舎の人たちの息遣いや、あるいは自然そのもののリズムを感じます。

「そよかぜ」は富士山の麓にあるお寺に泊まったときのことを思い出します。
林の中にあるお寺の朝。空気は冷たいけれど、体が芯から目覚めていった、あのとき
の心地よさを思い出しました。

「月の雫」は、子供のときに住んでいた田舎の夏の夜を思い出します。街灯すらなく、真っ暗な町を、夏の月ははっきりと照らし出していました。穏やかな月の光が絶え間なく、こぼれるように降り注ぐ。あの月の光を音にするとこんな感じだったなあ。

一つ一つの曲を聴いていると、早送りになっている自分の中の時計が巻き戻されてゆっくりになっていくようです。

これからもたくさんたくさん、すばらしい曲を聴かせて下さい~。

いわみ  2006年11月19日 01:50  [修正]

空気を浄化する音楽

先日はじめて花さんの演奏を聴くご縁がありました。無機質な空間に自然を感じることができ、花さんそのものからもエネルギーをいただけたように感じ、早速CDを購入しました。
空気を浄化するような音楽は、その始まりの曲から、窓という窓を開け放ち聴くことをお薦めします。

きなり  2008年07月09日 00:14  [修正]

久留里へ

2009年 第2回久留里現代アート展
オープニング音楽会にカリンバの暁天さんと共に出演を承諾くださりありがとうございます。
きれいな空気と水と酒と米と共にお待ちしています。小さな城下町で、穏やかな人々の住む町です。楽しみにしております。

カッコー  2009年01月21日 12:16  [修正]

第2回久留里現代アート展 楽しみにしております

出演のご依頼を頂きましてありがとうございます。皆様のお人柄もイベントもこころ惹かれます。きれいな空気と水と酒と米も楽しみです。皆様に、よりここち良い気分になっていただけるよう演奏させて頂きます。ありがとうございます。

天鼓 tenkuu 花(hana)  2009年01月29日 15:56  [修正]

CD購入させていただきました。

先日、CD届きました。
ありがとうございました。
繰り返し、繰り返し聴かせていただいております。
最近、聴音だ和声だと、理論のほうに気をとられ、ひとつひとつの楽器の個性を忘れていたような気がします。
これからも頑張ってください!!9月末のライブも、行ってみたいと思います。

あい  2009年09月07日 22:05  [修正]

繰り返しお聴きくださりありがとうございます

あい さま
天鼓CD、何度もお聴きいただいているようで大変嬉しいです。
一つ一つの音から描かれる風景を皆様に楽しんでいただけるよう、これからも精進してまいりたいと思います。

天鼓ライヴもどうぞお楽しみに♪
ありがとうございます。

天鼓 Percussion花(hana)  2009年09月08日 00:22  [修正]

素敵なCDをありがとうございます♪

仕事から帰って、ゆっくり聴いて、旅気分をあじわっています♪
また楽器山積みしてドライブに行きたくなりました!
どの曲も、優しくて軽い空気が満ちてて、イメージがふわぁ~と浮かんで、しばらく漂う感じがいいです…(^^)
「家路」大好きです。祖父も祖母も元気だった頃の、田舎の夏の田んぼを思い出しました。風が吹くと、あおい波が広がっていく感じ。
ライヴに行ってみたいです!

提灯  2010年02月25日 20:41  [修正]

音の風景に浸っていただきありがとうございます

提灯さま
天鼓CD「MOON」は、一曲一曲それぞれにここち良い風景を描きながら暁天と曲作りをしています。お聴きいただいて、イメージが浮かんできたり、旅気分を味わっていただいたりというのは、大変嬉しいです♪
全ての曲がそうですが、家路の音風景もすべて楽器の演奏で表現しています。まさに田んぼのある日本の原風景をイメージして作った曲です。
機会がありましたら、ぜひライヴの方もいらしてください。
ありがとうございます。

天鼓 Percussion花(hana)  2010年02月27日 05:56  [修正]


プロフィール

天鼓(てんくう)
2000年、林の中でのライトアップコンサートより、暁天とPercussion花によるユニット「天鼓」が誕生。世界各地の民族楽器から、ここちよい音を紡ぎ出す。自然を心で感じ、その情景を音の抽象画として描き出す楽曲は、世代を問わずゆったりとしたときをすごさせてくれる。音響機器を使わず、生の楽器の響きを感じることのできる土蔵でのアンプラグドライヴは、毎年末に行なわれ10周年を超えた。ほか、企業イベントや、学校・幼稚園公演、ファッションショーや現代舞踏の音楽など、様々な場で活躍を続けている。

天鼓 CD「MOON」2006年11月5日 満月(祝月 十五日)リリース



暁天プロフィール写真

暁天(ぎょうてん)
イラストレーター、オブジェ作家として活躍する中、インド、アフリカ、屋久島と旅を重ねる。各地で出会った民族楽器に魅了され、より高品質なものを自身で製作するようになる。漆工芸による芸術性と、プロ仕様の音質を追求した作品。それらを「天鼓」やソロ活動で演奏する一方、カリンバ教室や民族楽器製作教室なども行なっている。
http://www.geocities.jp/kalimba9/



Percussion花の写真

Drums & Percussion 花 (花岡 英一)
ドラム&パーカッション

東京都内にてジャンベ教室(ジェンベ教室)「アフリカンたいこ教室」主宰。中央アフリカ旧ザイール音楽のグループに日本で4年間参加。著書に『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』。
ドラマー、パーカッショニストとして、POPSなど様々なアーティストのコンサートやレコーディングにて活躍中。躍動感溢れるリズム、打弦楽器から奏でられるやさしいメロディなどで構成されるソロコンサートも好評を博している。

2012年10月渋谷アップリンクで公開の映画「いのり」のエンディングテーマに編曲・演奏で参加。同映画監督、白鳥哲氏の映画主題曲集CD「mandala」に、アレンジ、演奏で参加。

リンク

メニュー

天鼓CD 発売中

CD天鼓ジャケット写真

試聴はこちら
解説はこちら

木の香カリンバ

サイト内検索

RSSに登録する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。